2017年9月23日土曜日

簡単で美味しいジェノヴァ風ミネストローネのレシピ

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

イタリアから帰ってきたら、ロンドンの寒いこと!
向こうではだいたい20度から25度だったのに、ロンドンは10度前後。

私たちは「フラット」というスタイルの集合住宅に住んでいるので、ビル全体のセントラルヒーティングは10月からしか入りません。
それまでは各フラットでの調節になります。

早速、暖炉に火を入れました。
温かいものが食べたいので、忘れないうちにジェノヴァ風のミネストローネに挑戦することにしました。
八百屋さんに行くのが面倒だったので、スーパーマーケットの袋野菜をたくさん買い込んできました。
 ジェノヴァ風のミネストローネ、ペストソースが入っています。
なので、まずはこれからかかります。

瓶詰も売っているけれど、簡単なので今回は手作り。
チーズを入れたくなかったのも理由の一つ。
瓶詰にはチーズがすでに入っているから。

材料の一つ、バジルですが、スーパーマーケットの袋入りを購入しました。
これで100g。
ざっと洗ったら、茎の部分を切り落としてフードプロセッサーへ。

 他にはガーリック3片、松の実75g、粗塩大さじ1、オリーブオイル大さじ4~5

小さなフードプロセッサーいっぱいに出来上がりました。


チーズは別におろして直接食べる時に加える方が私は好みですが、まったり重厚な感じが好きならソースに加えて寝かせるのもありだと思います。

ミネストローネ自体はシンプル。
セロリ2本、ニンジン2本、リーク1本をさいの目に切ります。
煮豆の缶詰も、水洗いしてから加えます。
今回は borlotti beans というのを使いましたが、お好みで、なんでもいいと思います。
ジャガイモも煮崩れしにくいタイプのものをさいの目にして加えます。
私はシャーロットという品種を使いました。
 これを自家製のチキンストック 2リットルでじっくり煮ます。
ストックはインスタントものでも大丈夫だと思いますが、ペストソースに塩が入っているので、塩分に気を付けて。
2~3時間煮たらスペルトを100g加えて、さらに30分くらい煮ます。

 ペストソースを半量くらい入れて、沸騰する直前に火を落として出来上がり。
ペストソースを入れた後はあまり煮込まない方が香り豊かに仕上がります。

 テーブルにお鍋ごと出して、焼き立てのパンと一緒にどうぞ。
これからの季節、体が温まる一品です。
余ったペストソースは、次の日にスープを食べる時にまた利用してください。
もしくはパスタに絡めてもいいし。
冷蔵庫なら数日は大丈夫だと思います。






  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年9月20日水曜日

ジェノヴァで泊まったホテルのレビュー

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)
こちらが今回2週間宿泊したホテルです。
Grand Hotel Savoia という名前。
お部屋は、クラッシック、エグゼクティブ、デラックス、そしてスイートの4カテゴリー。
私たちが泊まったのはデラックスルームです。

事前にレビューをチェックしたら、下層階と6階は避けた方がいいと書かれていました。
下層階は外の音が、6階は7階がレストラン階なので、その音がうるさいらしいです。

なので、予約時に4階か5階という確約をもらっていました。

私たちは予約サイトを利用するよりも、直接ホテルと交渉する方が好きです。
予約サイトを利用するのは大手のチェーンホテルの時。
各お部屋に差のないところだと、交渉事がほとんどないので、楽な方法を選びます。
でも小さめのホテルや、ヨーロッパらしいホテルの場合は、いろいろと確認したいことが多いので、直接交渉の方が便利。

今回もテレビの大きさとか、HDMIケーブルが入るかとか、ルームサービスのメニューや朝ごはんの時間など、かなり細かくチェックしてここに決めました。

お部屋の広さはまずまず。
 ベッドは寝心地がよかったです。
窓のシャッターを下ろすと、真っ暗になるので、朝なのに気が付かずに、初日は11時近くまで眠ってしまいました。
それ以来、シャッターは半分以上おろさずに眠りました。

バスルームも申し分のない広さ。
バスタブも深さが十分。
シャワーも別にありました。
 お部屋には電気ポットとお茶やコーヒーのセットがあって便利でした。
キャビネットの中がミニバーです。
あんまり冷えないので、冷たいものを飲むときは氷を別に持ってきてもらいました。
 ホテルの横が、ジェノヴァの鉄道駅。
なので、ここをベースにいろいろ出歩くなら、とても便利な立地です。
 駅前のコロンブス像も見慣れました。
 彼はジェノヴァ出身らしいです。
住んでいたおうちが公開されているそうですが、嘘か本当かわからないそうなので、私たちは行きませんでした。

アメニティーは普通。
有名ブランドとかじゃないです。
 へアドライアーは、パワフルでいい感じ。
ホテルについてるものって、しっかり乾かすのにすごく時間がかかったりしますが、ここのは問題なかったです。

 ね、広いでしょう?
シンクがダブルだともっといいんだけどなぁ。
 夜、ライトアップした駅。
これが、お部屋の窓からの景色です。




お部屋のお掃除はいまいち。
一度なんか、ランチから帰ってきたら、トイレの中に髪の毛とか埃が入っていてビックリ。塵取りの中身を入れてそのままって風でした。
自分たちのものかもしれないけど、気分悪いです。
 駅前なので、騒がしい時もありました。

爆発音がするので外を見てみたら、車が燃えていたり…。
 ロンドンの地下鉄での事件の日だったので、けっこう焦りました。
まさかテロだとは思わなかったけど、車が燃えてるのなんて、そうそう見る機会無いです。
 すぐ消防車が来たみたいです。
 後で、ティムちゃんとお外に見に行きました。
 車の残骸もすごいけど、消火器の泡もすごい量。
 救急車は来なかったので、けが人はいなかったみたい。
何が原因だったのかは知らないままです。


 いつものように、ホテルのルームサービスを何回か利用しました。
一回はデザートだけ持ってきてもらったり。
テーブルじゃなくて、トレイを持ってきてくれます。
ディナーの時は、お部屋にテーブルと椅子が2脚あるので、そこでいただきました。
テレビは東芝の50インチくらいのサイズです。
英語のチャンネルもたくさんありましたが、イギリスの番組をストリームしてみていました。
ホテルには、無料のWifiがありましたが、スピードが不安定でした。
なので、レセプションに行ったらルーターを無料で貸してくれました。
こちらのスピードは問題なくて、映画とかでも途切れなかったです。
ルーターなので、街に持って出てもいいと思います。
旅行中に写真をたくさんアップするなら便利なツールです。
私たちは携帯のネットワークをずっと利用しました。
朝ごはんは10時半まで。
もう少し遅ければいいんだけどなぁ。
ビュッフェスタイルで、内容はなかなか良かったです。
特にはちみつが板で出てくるので、ヨーグルトと一緒に頂くのが日課になりました。
他の都市と比べると、ジェノヴァはホテル代も安いみたいです。
ここは2週間泊まるので、いいレートをもらいました。

ただ、褒められない点がひとつ。

挨拶がない。
これはかなりがっかりでした。
私たちはいつも長く1か所に泊まることもあって、スタッフとのコミュニケーションを大切に考えています。
おすすめのレストランとか、行った方がいい場所とか、ホテルのソフト面ってすごく大事だと思っています。
ここのスタッフは不親切なわけじゃないけど、受動的。
聞いたら答えるし、お願いしたらそつなくやってくれます。
忙しいのかもしれないけど、挨拶がないのは基本がなってないって感じ。
文句言うほどのことじゃないんだろうけど、残念でした。
ハウスキーピングもいま一つだし、マネジメントが悪いんだろうなと思います。




  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年9月17日日曜日

ジェノベーゼソースで有名なレストランに行ってきました。

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

ジェノヴァといえば、ジェノヴェーゼソース。

何とローマ法王にジェノヴェーゼソースを献上しているレストランがあるそうで、晩ごはんにお出かけしてきました。

私たちが試したほとんどのジェノヴァのレストランは、プリモ(パスタ類)が15ユーロ前後、セコンド(メインコース)が20ユーロ前後です。

でもこのレストランZeffirino は、プリモが20ユーロくらい、セコンドは30ユーロ前後です。
ちょっと高いなぁと思ったら、4コースのセットメニューがありました。
60ユーロで、海の幸とお肉のコースがありました。

こちらは海の幸のメニュー。
 少しずつお薦めを食べたかったので、私はこれを選びました。

前菜に出てきたのはアンチョビのマリネ。
これはこれで美味しいけれど、 グリルしただけのものの方が私は好きだなぁ。
 ティムちゃんはアラカルトで注文して、前菜にはミネストローネを選びました。
 ジェノヴァでミネストローネを注文するとこんな風。
フォークで食べられるくらい、実だくさん。
そして、ジェノベーゼソースが入っているので緑色です。

私のプリモはここの名物。
ラザニアッタのペストソースです。
 ラザニアッタはシート状のパスタで、5㎝角くらい。
ソースのノリがいいので、このソースにはピッタリ。
他にもパパデッラにも合うと思います。

これまで食べたどこのお店のものよりも軽くて、なのに風味豊か。
これだけ食べに来てもいいかと思いました。

ローマ法王に献上している品だそうです。
納得のおいしさ。

ティムちゃんはラムを注文しました。
 私のメインは手長エビとイカのトマトソース。
単純なお料理なので、素材がいいのがよくわかります。
ジェノヴァでよく思うのは、全体に塩気が少なめ。
 私たちはおうちであまり塩を使わないので、外食は塩辛く感じることが多いのですが、ジェノヴァでは全く心配いりませんでした。

高級なレストランでは往々にしてワインも高価です。
でも、ここは良心的なお値段でした。
ハーフボトルがほとんどなかったのがちょっと残念かな?

ティムちゃんはカンパニアの白を選んでくれました。
 デザートは軽いペーストリーにクリーム。
チョコレートソースがついてきました。
 これにはシチリアのデザートワインを合わせました。
 お店の内装は伝統的。
サービスも良くて満足です。
 ローマ法王からのお手紙や、写真などがお店に飾られていて、誇りを感じました。
 きちんとファイルされていて、自由に見れるようになっています。

 新聞記事なんかもありました。
 これが自慢のペストソースかな?
 売ってるのかと思って聞いてみたら、新鮮じゃないと美味しくないから売らないって言われました。
瓶詰を売ればみんな買うだろうに。
 食べたくなったらメールくれたら送りますって。
 一緒に写真撮ってくださいって言ったら、笑顔で応じてくれました。

 雑誌が出てきて、これと一緒に撮りましょうって。


 こちらは晩ごはんのお勘定。
 他のお店と比べると少し割高。
だけど、満足。
価値はあると思います。タクシーを呼んでもらってお店を出たら、みき~、忘れものですよ~って呼び止められました。

何かと思ったら、シェフが映っている雑誌、くれたのを忘れたって(笑)

まさかいただいたとは思っていなかったので、いいお土産になりました。
ローマ法王の専門誌みたい。
この中の記事がシェフと一緒に写っている写真のものです。
ジェノバで1回しかご飯を食べる機会がないのなら、迷わずココに行くべきです。
ジェノベーゼソース、本当においしかった。
いい記念になると思います。

Zeffirino(リンクします)
Via Venti Settembre 20, 16121, Genoa, Italy



  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。

2017年9月15日金曜日

カモーリの教会

今日のイギリス情報ブログのランキング(リンクします)

カモーリにある、聖母マリア被昇天聖堂があまりにも美しくて感動しました。
この写真がそう。
海のすぐ脇。
教会の入り口のモザイクです。
カモーリは小さな村で、現在の人口は5千人ほど。
でも昔は重要な港で、ナポレオンが寄港したこともあったそうです。
カソリックの教会らしく、たくさんの聖人たちが飾られていました。




天井や壁の飾りも見事で、以前の栄華が偲ばれます。 
祭壇のマリア像。
この前まで来た時に、耳を疑いました。
外の波の音が聞こえるんです。
このマリア様の前で、たくさんの妻や母親たちが、海に出た夫や息子たちの安否を祈ったんだろうと思うと涙が出てきました。

フレスコや彫像が素晴らしい教会はたくさんありますが、波の音が聞こえる教会に来たのは初めて。

ジェノヴァから電車で45分。
駅から歩いて10分くらい。
とってもお薦めです。

Basilica di Santa Maria Assunta
Via Isola, 19, 16032 Camogli GE, Italy








  ブログのランキングに登録しています。 よかったらクリックして応援してください。 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
コメントは承認制なので反映に時間がかかります。